代表挨拶 GREETING|株式会社シザコンサルティング CIZA CONSULTING|企業の飛躍的成長を支援するコンサルティング会社

 > GREETING

GREETING代表挨拶

代表取締役川原 拓馬

神戸大学経営学部卒。

新卒で商工中金に入庫。約100社を担当し、ほとんどが業況の厳しい中小規模の企業。30社以上の改善計画策定支援、資金繰り改善支援に関わる。

(株)アットストリームに入社し、大企業・中堅企業を中心に、事業計画策定、事業再生、経営管理改革など各種プロジェクトに参画。メガバンクの営業力強化プログラム、東証一部上場企業の経営管理改革・原価管理改革など手掛ける。

中堅、中小企業の業績改善に集中したいと考え、2012年に(株)シザコンサルティングを設立。金融機関と連携した資金繰り改善支援、戦略の微修正による赤字企業の立て直し、毎月の経営幹部会の運営による経営陣のマネジメント力強化などを手掛ける。

並行してコンサルティングファームの外部パートナーを兼務し、大企業向け経営管理改革プロジェクトなどを担当。

メッセージ

私が自分で会社を作ったのは、コンサルティングファームに勤めていた時の、銀行員時代にお世話になっていた税理士さんからある企業を手伝ってほしいという電話が入りました。かつては優良企業だったのですが、その時は大幅な赤字と債務超過でまさに倒産寸前でした。金融機関調整で別の大手コンサルファームが入っているものの、肝心の業績改善のアドバイスは全くもらえず、どうしたら良いか分からずに困っているということでした。しかし、私に報酬を払うだけの余裕はありません。

目の前に外部専門家の力を必要としている人がいる。しかし、従来型のコンサルティングスタイルではそもそも支援自体ができない。そこで、私は思い切って自分の会社を作り、半年間、無償で支援を行いました。半年後には業績が上向きはじめ、改善したキャッシュフローの中から報酬をいただけるようになりました。それから5年が経った今、再び優良企業として復活し、今も成長を続けています。その後も、どうすれば本当に必要としている企業の支援ができるかを模索し続けてきました。

その結果、現在では、通常型のコンサルティングはもちろん、成功報酬型のコンサルティングや、経営陣としての参画、コストを抑えたパッケージ型のコンサルティング、投資を伴う支援、企業研修、など様々なスタイルで支援が行えることが特徴となっています。

コンサルティングの仕事は、ベンチャー企業の一番の成長期や、老舗企業の経営危機、経営の大改革など、普通の人が10年に1回経験するかどうか、といういわば非常事態に常に身を置いていると言っても過言ではありません。私たちも本当に多くの経験をしてきました。この経験こそが一番の糧となっています。

また、2017年にはそれまでも協業機会の多かった公認会計士の松村が新たに役員としてチームに加わり、会計サービスが大幅に強化されました。これにより、企業管理の強化や、企業成長に有効なM&Aや資本政策立案の支援などがより高度に行えるようになりました。他にもベンチャー企業の経営企画室長が参画するなどし、私一人の時とは全く違う発想からの提案も多くあり、活気ある面白いチームになりつつあると感じています。

主な実績
経営管理制度構築
  • 東証一部上場通販会社、飲食メーカーにおける経営管理制度構築
  • 東証一部上場組立系メーカーにおける原価管理制度構築
本部機能強化
  • 中堅アパレルショップにおけるMD機能、SV機能強化
  • 中堅ベーカリーショップにおける販売力強化のためのSV機能強化
幹部教育、営業マン教育
  • 中堅メーカーにおける幹部マネジメント力強化
  • メガバンクにおける営業マンの企業実態把握力及び提案力強化
  • 中堅アパレル企業における事業計画策定
著書・セミナー
  • 「金融機関のための取引先企業の実態把握強化法」(共著) 金融財政事情研究会
  • 「小売業の収益構造を見極め、”儲かる”企業に改革するための着眼点」 (共著)
  • 金融財政事情研究会
  • 講師:各所商工会議所セミナー、甲南大学非常勤講師「経営コンサルティング論」、同業種経営者勉強会の講師、新人研修(東証一部上場企業・中堅企業)など。
  • 役職等:大阪商工会議所エキスパートバンク登録専門員、ミラサポ登録専門員(姫路商工会議所推薦)、兵庫県中小企業団体中央会ビジネスコーディネーター